ルールとマナーの違いをわかりやすく解説【2021】

生活

ルールとマナーってどっちも同じように守らなきゃいけないんじゃないの?どっちも同じじゃん?

こんな疑問を解決します。

✔本記事の内容

・ルールとマナーの違いがわかる

・ルールとマナーを場面ごとに紹介

さっそく見ていきましょう。

ルールとマナーの違い

✔ルールとマナーの違い

・ルールは守らなきゃいけないもの

・マナーは守った方が良いもの

言ってしまえばコレです。ルールは守らなきゃいけないんです。

一方で、マナーは思いやりです。ルールとは違ってハッキリしません。

ルールの意味

✔ルールとは

・国や地方、団体で決められた規則

・守らないといけないもの

国や会社、学校ごとに決められているものがルールです。ルールは、守らないと罰則があります。

ルールを使うのはこんな時!

簡単に言えば、法律は国のルール・校則は学校のルールです。

守らないと、生死や立場、人生に大きく関わります。

マナーの意味

✔マナーとは

・人間関係や社会生活を守るための礼儀

・守った方がいい(べき)もの

人間関係がスムーズにいくために必要なのがマナー。

ハッキリ決まっているものではないので、個人が相手に思いやりを持つかどうかにかかっています。

マナーの使い方

簡単な例は電車マナー。空席を詰めなくても逮捕されたり死んだりしませんが、

他の乗客からしたらジャマになりますね。

どちらも守って快適な社会生活を

ルールは守るものです。破ってはいけないものともいえます。

一方マナーは明確なものがありません。(テーブルマナーとかはありますが。)

電車でも職場でも、周りの人に意識を向けて生活しましょう。これがマナーです。

今回は以上です。


タイトルとURLをコピーしました