目の疲れに効果があるのはアントシアニン含有サプリ!初心者向けの選び方

生活

パソコンやスマホを使って作業する人の多くは、「目が疲れる」「ピントが合わない」という悩みを抱えています。

仕事でもプライベートでも、画面を見る機会を減らせない方に、「目が疲れる」「ピントが合わない」両方の悩みを解決できる方法をご紹介します。

この記事では、目の疲れ・ピント調節の解決方法がわかります。

目の悩みの原因・解決方法をご紹介。

目の疲れの症状

・目の奥が痛い

・目が乾いてしょぼしょぼする

・ピントが合わない

などがあります。これらは一晩寝たり、目を休めることで収まる症状です。悪化すると、休息だけでは改善しない「眼精疲労」になってしまうことがあります。

眼精疲労になると、肩こりや頭痛、体調不良につながります。

目の疲れの原因

・パソコンやスマートフォンの画面を見続ける

・コンタクトや眼鏡の矯正視力が合っていない

・エアコンの風や紫外線が目のダメージになることも

パソコンやスマホの画面を見るのをやめるのが1番ですが、仕事でも使うものですから、そうもいきませんよね。

目の疲れを改善するには、目の疲れに効果がある成分をとることが効果的です。

眼精疲労に効く成分

アントシアニン

目の疲労に効果があるとされている成分です。

実際は効果がないのでは?という話も多くありましたが、抗酸化作用・がん予防・目のピント調節機能改善に効果があることがわかってきました。

特に、ビルベリー由来のアントシアニンには、ピント調節をする筋肉の緊張をほぐして目の疲れを緩和する効果があると考えられています。

ルテイン

ルテインは、目の老化を抑えたり、ブルーライトなどの有害な光から目を守ってくれます。

また、夜間や薄暗い場所での視力を保つ力もあります。

目に必要な成分ですが、体内で作ることができないので、食事やサプリメントで補う必要があります。

ルテイン配合サプリの詳細はコチラ で紹介されています。

ビタミンA

ビタミンAに含まれるレチノールという成分が、目や皮膚の粘膜を保護してくれます。

また、暗い所での視力を維持してくれるはたらきも持っている成分です。

体に蓄積されるビタミンなので、摂りすぎに注意する必要があります。

乳製品・レバー・卵にも含まれているので、現代人に不足することはほとんどありません。

サプリメントなどではかえって摂取しないほうがいいでしょう。

アントシアニンこそ、サプリで摂るべき理由

目の疲れに効果がある成分はたくさんありますが、1番オススメしたいのがアントシアニンです。

アントシアニンは、ブルーベリーやビルベリー、紫キャベツなどにも含まれていますが、加熱や保存に弱いという特徴があります。

アントシアニンは、食品で摂るより、サプリメントで摂取したほうが効率的なのです。

実際に目の疲れを改善した機能性表示食品はコレ

宇治田原製茶場の「アイアイベリープレミアム」は、安全性・機能性の根拠の届け出がある機能性表示食品です。

「見る」力にお悩みの方、パソコンやスマートフォンを長時間利用する方向けのサプリメントです。

続けやすさを考慮して、1日1粒、飲み込みやすいサイズで作られています。

アントシアニンは24時間以内に体外に出てしまうので、毎日続けやすい事は大きなメリットですね。

初回は1か月分が1490円で購入できるので、目の疲れや見えにくさが気になる方は1度使ってみてはいかがでしょうか。

公式サイトはコチラです。


タイトルとURLをコピーしました