もう気まずくない!職場の人間関係を改善する方法。

人間関係

職場の人間関係が悪いと、働きづらいですし、仕事以外のことでモヤモヤして大変ですよね。

気まずくて居場所もないなんて、仕事どころではなくなってしまいますし、毎日職場の人の顔やリアクションを思い出して、最後には職場に通えなくなってしまうことも・・。

でも実は、職場の人間関係はアナタ次第で良くすることができるんです。

というわけで今回は、職場の人間関係を良くする方法をご紹介します。

「いまの職場の人と上手くいくようにしたい」「仕事以外のモヤモヤを無くしたい」という方は、ぜひ参考にしてください。

職場の人間関係を良くする方法                                   

職場での人間関係を良くする方法を、ステップごとにお伝えします。

最初にお伝えしますが、ここでご紹介するステップは「自分で今の環境を変えたい方」向けです。

逆らえない圧力があったり、自分で手を尽くしてもどうしようもない環境の方は、この方法は参考にならないかと思います。人間関係にストレスを感じやすい人はコチラも参考にしてください。

参考:人間関係でストレスを感じやすい人の特徴とストレス対処法

気まずい環境を抜け出したいな・・とお考えの方は、さっそく見ていきましょう。

きっかけづくりをする

職場でなんとなく気まずいという人は、打ち解けることから始めると良いです。

その理由は、お互い顔見知り程度では、良い関係はつくれないからです。ほとんど知らない人が、突然プライベートな話をしてきたら怖いですよね。

では、どうしたら良い関係をつくれるのか、具体的にお伝えします。

挨拶は自分からしよう

気まずい相手には、自分から挨拶しましょう。

なんとなく気まずいのは、あまり会話したことがない人に多いんです。だから最初は挨拶で、接触する回数を増やすのが効果的。

ちょっと勇気がいりますが、会ったときに挨拶ができる仲になれば、気まずいこともなくなります。

「おはようございます。」「お疲れ様です。」をはっきり伝えてみましょう。

さて、次のステップにうつります。

感謝を伝える

普段よく関わる相手には、感謝を伝えましょう。

大人になると、「やって当然」という意識が強くなるので、感謝を言葉にするのは意外と難しいんです。

だからこそ、言葉にして伝えることで相手とコミュニケーションが取りやすくなります。

深く考えない

人間関係に悩む人の中には、「考えすぎ」の人もいるんです。

「あの人、私の愚痴を言っている気がする」「さっき言ったこと、失礼じゃなかったかな」なんて考えていませんか?

考えるうちに、なんだか人間関係が上手くいってないような気がしてきますよね。

本当は大きな問題じゃなくても、考えすぎが原因で人間関係に壁をつくっている可能性があります。

まずは深く考えすぎず、人間関係を客観視してみましょう。自分にそっけないあの人も、皆に同じ態度を取っているかも。

人の悪口を言わない

悪口が多い人は、職場の人から敬遠されます。

その理由は、悪口ですべて他人に責任を押し付けてしまっているから。悪口をいう人はネガティブなオーラが漂い、聞いてくれる人の気持ちまで憂鬱にしてしまいます。

しかも、職場で悪口が多い人は、自分に反省点があることに気づけません。

一方で、悪口を言わない人は、いつもポジティブなオーラを持ち、人からも信頼されます。無意識にいらないことまで口走っていないか要注意ですね。

悪口を言わないことは、職場の関係を良くするカギになります。

参考:職場で信頼される人の「人間力」8選

タイトルとURLをコピーしました