「一緒にいると損?」信用できない人の特徴まとめ

人間関係

あの人いつもへらへらして、仕事はちゃんと進んでるのかな?!

今回は、周りの人が信用できない方向けの記事です。信用しづらい人の特徴をお伝えします。

仕事の上司や同僚、親しい友人も、信用していいのか不安になることがありますよね。約束を守らなかったり、発言が矛盾しまくったり・・。

ここでは特徴のほかにも、最後に信用できない人に共通するポイントも解説します。

さっそく見ていきましょう。

信用できない人の特徴11個

さて、それでは早速「信用してはいけない人」の特徴をお伝えします。

自分の周りに当てはまる人がいないか、自分が当てはまっていないか振り返りながら見ていきましょう。

時間を守れない

いつも約束の時間を守れないのは信用できない人です。

そのため信用できない人は、約束の時間を過ぎてから「いま○○駅まで来ました」「あと10分くらいです」と、連絡をしてくることがあります。

時間は社会人にとって重要ですが、自分や相手のスケジュールを考えて早めに行動することができない人は要注意です。

連絡が遅い

メールなどでやりとりをしていて、返信が遅いのも信用できない人の特徴です。

そのため、期限ギリギリになって「この仕事まだ終わっていません」「頑張ったけど間に合いませんでした」など責任重大な連絡をしてくることもあります。

一緒に責任を負う相手のためにも、ギリギリまで延ばさず早めに相談してほしいところですね。

人の話を聞かない人

あなたの話や忠告を聞いてくれない人も、信用しないほうがいいでしょう。

人の話を聞かない人は、自分に被害が及んだとき「どうして早く教えてくれなかったんだ」と逆ギレすることがあります。

しまいには、原因をあなたに追及するかもしれません。

銀座カラー 脱毛キャンペーン

自慢話が多い

信用できない人は、自分を良く見せようとして自慢話が多くなることがあります。

また、自慢話が多い人は、自分を認めてもらいたいという承認欲求が強い人ともいえます。

過去の武勇伝などを語り続ける人は、こちらの時間を奪っていることに気が付かないので、人間関係のストレスを溜める原因になってしまうことも。

参考:人間関係を断捨離すると、本当に必要なモノが見えてくる。

人によって態度を変える

あからさまに態度が違う人は要注意です。

上司の前ではニコニコして愛想よくしているのに、部下の前ではいつもイライラして命令ばかり、なんて人もいるようです。

人によって態度を変えるのは、どれがその人の本性なのかわからず、信用できないポイントになります。

自分の気に入った人にはすり寄って、嫌いな人には作った笑顔すらみせないこともあります。

でまかせや嘘が多い

信用できない人は、その場しのぎの嘘が多いです。

取り繕って、自分の印象がダウンしないようにします。そのため、話がコロコロ変わることもあります。

「内容に矛盾があるな・・」と感じる相手は、前回の内容と照らし合わせて指摘してみるのもいいかもしれません。

報告・連絡・相談をしない

仕事の報・連・相ができない人は、なんの相談もなく仕事を進めてしまったり、逆に全く進んでいなかったりと、チームで連携するのが苦手です。

信用して任せていたら、取り返しのつかないことになることもあるでしょう。

責任感がない

先ほどまでお伝えした人のほとんどが、「責任感がない人」です。

嘘が多い・相談ができない人の共通点として、責任感がないことが挙げられます。自分が任された仕事も、自分への責任をそれほど感じません。

突然バイトをやめてしまう人も、責任感がなく信用には足らないでしょう。

謝罪と感謝ができない

信用できない人の特徴として、謝罪・感謝が少ないことがあります。

その理由は、自分が悪いと認めたくない気持ちや、自分はしてもらって当たり前というプライドを持っているから。

変なプライドを持っている人とも言えますね。

プライドが高く信用できない人は、仲良くしてくれそうな人を見つけて従えようとすることもあります。

清潔感がない

清潔感が無い人も、私生活のだらしなさを連想させるため信用しづらいです。

例えばスーツであれば、シャツがシワだらけだったり、ネクタイが曲がっていたり、靴が泥で汚れていたり・・。仕方ない時もありますが、ある程度キレイにしておくと印象も変わりますよね。

普段身に付けるものを大切にできない人は、だらしなく見えて印象がダウンするので信用されるのは難しいのです。

参考:職場で信頼される人の「人間力」8選

信用できない人はコミュニケーション不足

いかかでしたか?信用できない人は、全体的に人とコミュニケーションを取るのが苦手なようです。自己中心的な考えを持っている人も多いでしょう。

言い方が悪いかもしれませんが、取り返しのつかないことにならないように、信用できるかどうか見極めた方がいい時もあります。

仕事もプライベートも、信用できない人に振り回されないようにしたいですね。

また、自分も信用できない行動をとっていないか、振り返ってみるのも良いですよ。気が引き締まります。

✔人間関係 得する人 損する人

ちなみに、自分の行動を振り返るのはこの本が良いです。どうせなら、人間関係で得する人でありたいですよね。

最後になりますが、信用される人の特徴については職場で信頼される人の「人間力」8選で解説しています。

タイトルとURLをコピーしました