人間関係でストレスを感じやすい人の特徴・ストレス対処法

人間関係

職場で人とコミュニケーション取るのも疲れるし、あれこれ気にして上手く振る舞えない・・

こういう悩みを抱えている人は、そのままだと人間関係のストレスで押しつぶされてしまうかもしれません。

人によっては、人間関係のストレスで病院に通うことも・・。

というわけで、この記事では、人間関係にストレスを感じやすい人の特徴と、ストレスの対処法をお伝えします。

人間関係がストレスになって仕方がない人は、参考にしてみてください。この記事を読むと「ストレス解消の糸口」がわかります。

✔「職場のやっかいな人間関係」に負けない法

ちなみに、コチラも参考になります。まだの方はぜひ。

では、さっそく見ていきましょう。

人間関係でストレスを抱えやすい人の特徴

さて、人間関係でストレスを抱えやすい人の特徴は以下の6つです。

✔人間関係でストレスを抱えやすい人

・完璧主義

・人の気持ちに過敏

・警戒心が強い

・人見知り

・どう思われるか不安

一言で「人間関係にストレスを感じやすい」といっても、それぞれ違う特徴があります。ご自分に合うものを探してみてください。

完璧主義

完璧主義とは、高すぎる目標設定・自分に厳しく評価を気にする人のことです。

メリットもありますが、他人と比較されるプレッシャーや、良い評価をもらうための努力はときにストレスになってしまいます。

また、完璧を追い求めるあまり、周りとの意見が合わなくなることもあるでしょう。

人の気持ちに過敏

過敏な人は、感受性が豊かなことでストレスを受けやすいです。

その理由は、悲しい事やつらい事、他人の気持ちまで、人一倍受け取ってしまうから。過敏な人は、他人の悲しい出来事まで自分のことのように感じて悲しくなってしまうでしょう。

もちろん、嬉しい事や楽しいことも人一倍感じるのは悪い事ではありません。むしろいい事ともいえます。

しかし、過敏であるがゆえに、感情に影響されやすく、ストレスを抱えやすいのです。

警戒心が強い

警戒心は、危険から自分の身を守るためにあるものです。

「あの人はもしかしたら、私のことが嫌いかもしれない」と警戒心を持ったまま、コミュニケーションを取ると、神経を使ってストレスが溜まります。

警戒心がとけない間は、コミュニケーションを取ればとるほど精神を消耗し、ストレスになっていくでしょう。

参考:人間関係を”諦める”と8割くらいラクになる。

人見知り

人見知りは、相手を警戒してしまうため、人間関係でストレスを抱えます。

理由は、警戒して自分をうまく表現できないので、相手に理解してもらえず、信頼できる人間関係を築くのに時間がかかってしまうから

信頼できる関係は、お互いをさらけ出すことで作れるものです。

自分の意見を言ったり、主張することが苦手なこのタイプは、初対面の相手や目上の人との関係にストレスを感じることが多いでしょう。

どう思われているか不安に思う

相手が自分のことをどう思っているかなんて、想像しても本当のところはわかりません。

しかし、それでも「嫌われてないかな」と考えてしまうのがストレスの原因。

嫌われないように、人に優しくされるように、自分が傷つかないように・・必死に周りの目を気にしてしまうので、職場にいるだけでストレスがどんどん積み重なってしまうんです。

では、どうすればいいのか?

ストレスの対処法を、5つに分けてお伝えします。

ストレスを感じた時の対処法

ストレスの対処法は、以下の通りです。

✔ストレスの対処法

・何がストレスか明確にする

・人との違いを受け入れる

・人に流されない

・関わらない!と割り切る

・楽しい人間関係に目を向ける

こちらも1つずつ見ていきましょう。

何がストレスか明確にする

人間関係の、「どんなところにストレスを感じるか」を考えてみましょう。

「気をつかいすぎている」「周りの目が気になる」「実は相手が苦手」など、理由はたくさんあるので、”あなたがストレスだと感じる理由”を見つけてください。

ストレスの原因がわかると、あとは原因を回避するだけなので、今までより人間関係がラクになります。

参考:頑張れない自分が嫌いになってしまったら。「人生の休息を取ろう」

人との違いを受け入れる

人間関係では、相手との違いを知ることが必要となります。

自分の価値観を押し付けるのではなく、相手は価値観が違うことを認めるということです。

そのために効果的なのが、「相手の考えを、自分なりに理解してみる」方法です。

例えば、「私は絶対、目玉焼きにはケチャップ派!」という人がいて、

「ケチャップなんてありえない。しょうゆがイイに決まってる。」と相手の考えを否定せず、「ケチャップも合うのか。この人はそういう食べ方が好きなんだな」と認めるのです。

あなたもケチャップ派になる必要はありません。自分と違う価値観があることを認めるのが大切。

人に流されない

コミュニケーションを取る時に、人の意見ばかり気にしてしまうと

「本当はこっちの方が良いのにな・・」なんて気持ちを抱え続けることになってしまいます。相手は「この人は言うことを聞いてくれる都合の良い人」と思っているかも。

ストレスを抱えないためにも、人に流されず、たまにで良いから自分の意見を主張してみてください。

関わらない!と割り切る

苦手は人とは、関わらない!と割り切るのもいいです。

仕事では必要最低限かかわって、プライベートな話は一切しない」という方も多いので、「そんなことしたら、ちょっとひどくない?」と不安にならなくてOK。

苦手なことと向き合ってストレスをためるより、回避しましょう。

そうすれば、人間関係のストレスが減り、仕事もプライベートも楽しくなります。

✔「職場のやっかいな人間関係」に負けない法

最初にもご紹介しましたが、こちらも参考程度に。

楽しい人間関係に目を向けてみる。

ストレスがない友人関係など、楽しい人間関係を大切にしましょう。

「あの人と関わるのイヤだな・・」と苦しい事ばかり考えていると、友人とのかかわりもつらい関係になり始めます。

実際、友人と遊んで楽しかった経験がある方は多いはず。

「楽しい部分」に注目することで、「人間関係はストレスだ」という先入観をなくすことができます。

原因を知ることが、ストレス解消の近道

人間関係のストレスは仕方のない部分もありますが、自分に合った解決方法でストレスを減らすこともできるんです。

どうしてもストレスが溜まる、という方は「メンタルが死んだときに自宅でやってみたいこと」6選 でストレス解消の方法を探ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました