好きなものを共有したい心理とは?恋愛では脈ありサイン?!

人間関係

好きなものを共有したい人の心理って?

ということで、今回は、「好きなものを共有したい人の心理」をご紹介します。

ちなみに、好きなものを隠したい人の心理は「趣味を他人と共有したくない」人の心理とはで解説しています。

好きなものを共有したい人の心理

好きなものを共有したい人には、このような心理が隠されています。

人間関係に役立つこともあれば、厄介事に巻き込まれる可能性も。この記事を参考に、身近な人との関係を見直してみてください。

自己表現の一環

「自分ってこんな人です!」という自己紹介の代わりになります。

友達でも、「あの人は○○が好きだったよな」と思い出せる人がいると思います。好きなものを人に伝えることは、自己表現の一環になるのです。

友人とつながっていたい

人は、自分の情報を共有することで、人とのつながりを壊さないようにします。

例えばInstagram。ストーリー投稿などで「自分が今誰と何をしているか」を多くの人に共有しますよね。

人と現状を共有することで、孤独感から逃れたいという気持ちが隠れています。

距離を縮めるきっかけにしている

自分の好きなものを知ってもらうことで、相手との距離を縮めることができるかも。

相手が同じものを好きだった場合は効果バツグン。趣味の話で盛り上がること間違いナシです。

もちろん友達関係でも、好きなものが一緒だと「仲間意識」が強くなり、仲良くなりやすい傾向にあります。

恋愛では、脈ありサインかも

さて、好きなものを共有したくなるのは、恋愛でもよくあることです。

好きな人には自分を知ってもらいたいですし、相手の好きなものも理解したいですよね。

好きなものの話が多いな・・という相手は、脈ありかもしれませんね。

「共有したい」は行き過ぎると危険!

見出しの通り、「共有したい」という心理は行き過ぎると危険です。

相手を怖がらせ、身の危険を感じて縁を切られてしまうかもしれません。よくあるのが、「相手が好きすぎて、全部マネしたい」というもの。

持ち物やファッション、恋人まで、相手とまったく同じになりたいという心理もあるのです。

タイトルとURLをコピーしました