人間関係に深入りしない方が良い!ちょうど良い関係を維持する方法とは。

人間関係

職場の人間関係めんどくさい。職場で会うだけでいい、必要最低限の関係でいたいのに。プライベートまで関わりたくないよ?

こんな悩みを解決します。

【結論】:職場の人に深入りするのはやめましょう。

✔本記事の内容

・人間関係が面倒な理由

・関係に深入りしない方法

さっそく1つずつ見ていきましょう。

人間関係が面倒な理由

人間関係が面倒だと感じるのは、深入りしてしまっている証拠。

✔人間関係が面倒な理由

・個人的な話に巻き込まれる

・自分の時間が奪われる

・人間関係のトラブルが起きやすい

・愚痴・悪口がストレスになる

大きくわけてこの4つです。1つずつ見ていきましょう。

個人的な話に巻き込まれる

プライベートな悩みを聞かされて、悩みを解決する手伝いをする羽目になります。

深入りすると、依存しがちな相手は、こちらに依存してくるので注意が必要。最悪、相手の悩みで、自分が苦労・損したりすることもあります。

仲良くなったからといって、良い事ばかりではないのです。

自分の時間が奪われる

深入りして仲良くなると、休みの日に遊んだり、仕事以外でも会ったりすることに。

断らずにその関係を続けると、自分の時間がなくなっていきます。

休日は自分の時間が欲しい!という人にとっては、大きなストレスになるでしょう。

人間関係のトラブルが起きやすい

深入りすると、見たくない部分まで見えてくることがあります。

自分と関係ない問題でも、相手と仲良くしてるからという理由で面倒事に巻き込まれてしまうでしょう。

職場に特定の仲の良い相手をつくると、対立する相手も同時につくってしまうのです。

愚痴・悪口がストレスになる

職場でよくある相談事は「愚痴・悪口」です。

人から聞かされる愚痴は、マイナスの効果しかありません。自分に関係がないなら一層ストレスになるでしょう。

聞いているだけでも、自分も愚痴っていると思われてしまうかもしれませんね。

関係に深入りしない方法

人に深入りすると、職場ではストレスになってしまう事が多いです。

✔関係に深入りしない方法

・挨拶は大切にする

・断る勇気を持つ

・仕事以外で連絡しない

この3つさえできれば大丈夫です。さっそく見ていきましょう。

挨拶は大切にする

誰にでも明るく挨拶してる人って、印象良いですよね。

誰にでも、というのがポイントです。特定の相手ではなく全体にすることで、深入りするのもされるのも避けることができます。

さらに、印象も良いので誰も文句は言いません。挨拶だけはしましょう。

断る勇気を持つ

飲み会や食事など、断れるものはキッパリ断りましょう。

断る勇気さえあれば、プライベートに首を突っ込む機会もなくなりますし、時間を奪われることもなくなります。

深入りしないためには、「自分を持つ」ことが大切です。

仕事以外で連絡しない

自分からプライベートな話はしない方がいいです。

こちらからプライベートな話題を振ることで、相手もどんどん話し込んでしまうからです。

後から面倒な事になるのを避けるには、仕事だけの関係と割り切ると良いです。

深入りせず、自分を持つと良いです。(まとめ)

仕事とプライベートはキッチリわけたい方は、ぜひ実践してください。

✔深入りしないためにやること

・とにかく挨拶だけは大切に

・不要な付き合いは断る

・仕事以外は自分から連絡しない

職場の人間関係がクリアだと、余計なストレスがなくなります。

職場の居心地も良くなって、仕事もやりやすくなりますね。

今回は以上です。

タイトルとURLをコピーしました