「魅力的な自分になれる」自信を持つのはカンタンです。

マインド

自信っていうのは、結局思い込みなんです。自信がある人は、「私は大丈夫!」と思い込んでるわけなんです。これが何故か、自然と自信になる。

難しそうですが、逆に言えば「思い込むことができれば、自信はイマスグ持てる」んです。

では、どうしたら「思い込める」のか。思い込みで自信をつける方法をご紹介します。

自信を持つステップ

結論は、自分を褒めて認めることですね。これだけで自信になります。

自信を持つステップを具体的にご紹介します。1つずつ追っていきましょう。

1.自分がしたことを褒める

まずは、自分がしたことを褒めましょう。どんなに小さなことでも「できた」と実感することで、セルフイメージを高めることができます。

というわけで、できたことをリストアップしてみましょう。

できたことの例

・朝ちゃんと起きれた

・朝ごはんを食べられた

・仕事をした

・洗濯した

・家にちゃんと帰ってこれた

・明日の準備をした

いかがでしょう?「当たり前」だと思っていることも、できたこととして褒めてください。

自分で1つ1つ認めることで、自信を持つ材料になってくれます。

2.人に褒められた経験をリストアップする

自分ができたことを実感したら、こんどは「人から褒められたこと」をリストアップしてみましょう。

褒められたことの例

・元気、やる気

・ファッション

・仕事のスピードや精度

・あいさつ、笑顔

自信が持てない人は、「どうせお世辞だろう」と思ってしまいがちですが、お世辞でもなんでも褒め言葉として受け取っちゃいましょう。

そして、素直に言葉を受け取ることで、自信へとつながります。

3.感謝をまとめてみる

最後に、感謝したできごとをまとめてみましょう。

感謝できることの例

・いつものお店が開いてた

・電車が時間通りに動いていた

・いつも通り眠れた

・明るくあいさつしてもらえた

普段は流してしまうような出来事も、実は「感謝できること」です。

お店や電車は、働く人がいないと動きませんし、あいさつも仕事も相手がいないと成立しません。

こうして振り返ってみると、毎日、誰かしらに助けられて生きていることを実感できるでしょうか。

人に感謝できる人は、セルフイメージがどんどん向上します。感謝はポジティブなエネルギーになるので、感謝の気持ちを持つだけで明るくなる人もいるのです。

自信は体調にも左右される。

熱が出ると気持ちが落ち込んでしまうように、体調が悪いと自信もなくなっていきます。

逆にいえば、元気なときはそれだけで気持ちがポジティブになって「今日は上手くいきそう!」と思えるんです。

頑張れない時は、無理せず体を休めましょう。参考として、「メンタルが死んだときに自宅でやってみたいこと」6選もぜひ。

ちょっと邪道?落ち込み回復術

よくネットでまとめられている、「人の面白い失敗談」を読むのもリラックスになります。

人の失敗といっても、本人も笑い話にできる話を見ると、「人生こういうこともあるんだな」と、落ち込んだ気持ちが軽くなります。

声を大にしておすすめとは言いづらいですが・・(笑)

こちらのサイトの失敗談は、疲れたときに読んでみてください。ちょっと元気になれます。

さて、最後になりますが、自信は「思い込みでイマスグ持てます」

ポイントはとにかく「褒める」こと。自分がしたことを認めて、他人の存在に感謝して・・自然とセルフイメージが高まり自信がつきます。

もちろん、体調も大切。疲れてるときは無理せず休むことを優先してみてくださいね。

参考:頑張れない自分が嫌いになってしまったら。「人生の休息を取ろう」

タイトルとURLをコピーしました