やる気が出ない!を改善するたった5つの方法

マインド

やることが沢山あると、突然何もしたくない気持ちになることがあります。

しかし、いつまでもやる気が出ないまま働き続けたり、だらだら過ごしたりするわけにはいきませんよね。

ということで、今回は「やる気が出なくなった原因と改善方法」を探っていきましょう。

やることが山積みなのにやる気が出ないという方は参考にしてくださいね。

やる気がでない原因

やる気が出ない原因を理解することで、改善への一歩になります。

まずは自分に当てはまる原因を探っていきましょう。

1.強制されている

やらされていることは、どう頑張ってもやる気が起きません。

興味もわかないし、面倒に感じるし、その上「早くやれ」みたいなプレッシャーも感じる・・。強制的なことは、頑張ろうと思っても楽しくないし、圧力も感じてしまいます。

日々、「やりたくない気持ち」が大きくなるばかりかも。

2.疲れている

体調が悪い人は、先にそちらを見直すべきです。

というのも心と体はつながっているので、どちらかが疲れているとやる気は起きなくなってしまいます。やる気どころか、集中力や判断力も落ちてしまうのです

もう頑張れないと感じる方は、まずは心身の健康を第一に。

3.燃え尽き症候群

大きなイベントを乗り越えた後も、やる気が起きにくいです。

これは燃え尽き症候群ともいうもので、頑張って1つ乗り越えた後、なにもやりたくないと灰のように燃え尽きてしまう状態です。

1つに本気で取り組むのは素敵ですが、乗り越えるたびに燃え尽きてしまうと心身を疲れさせてしまうでしょう。

4.悩み事がある

やらなきゃいけないことの他に、何か悩んでいませんか?

悩み事を抱えたままだと、次にすべきことよりも悩みの方が気になって集中できなくなってしまいます。

まずは、今悩んでいることを解決できないかを考えてみると良いでしょう。

5.何から始めていいのかわからない

やることが多すぎて、何から始めていいのかわからなくなっているのかも。

行動しなくちゃいけないことはわかっているのに、何も手に付かずに毎日自己嫌悪に陥ってしまう人も多いんです。

やる気が出ない日が続いて、気が付いたら期限ギリギリに!なんてこともありえます。

やる気を出すためのステップ

さて、やる気が出ない原因を細分化して考えてみると、自分に当てはまるものが見つかります。

原因を探ったら、今度はやる気を出す方法を見つけましょう。

「自分にはコレが足りないかも」と思うものから改善してみてくださいね

1.体調を万全にする

心身の健康は、精神面にも大きく影響します。

なかなか前向きになれないという方は、まずは体を休めてみましょう。

ゆっくりお風呂に入ったり、たっぷり睡眠を取ったりすると、精神的に安定しやすくなります。

BATH PEARL

2.「1つだけ」やってみる

たくさんあるうちの1つだけ始めてみましょう。

最初は何も手につかなくても、1つだけ始めると他のやるべきこともハッキリしてきます。その結果、まったく動けなかった所からどんどん進めます。

乗り気じゃなかった外出も、いざ目的地に付けば楽しいように、とりあえず始めてみればどうにかなるものです。

3.主体的に取り組む

「やらされている感」が強いものは、自分で考えて行動しましょう。

義務感があるものでも、自分なりに考えて工夫することで充実感や達成感を得ることができ、次の仕事への意欲がわいてきます。

例えば、学校の宿題。「やってきなさい」と言われると何となく面倒くさいですよね。しかし、友達と「一緒に宿題しよう!」と決めてやった日は楽しくできた経験もあるのでは。

このように、自分から行動することで前向きに取り組めます。

4.やるべきことをリストアップする

やることが多すぎる!という方は、1つずつ紙に書き出してみましょう。

期限が近いもの・まだやらなくていいもの・提出するものなどスケジュールが見えやすくなります。

たくさんあるように見えることも、実はそれほど複雑ではないかもしれませんよ。

5.自信を持つ

根拠がなくてもOKなので、自信を持ちましょう。

やる気が起きないうちは、「どうせ自分が頑張っても・・」と卑屈になってしまい、行動に移せません。移せたとしても、気分が乗らず落ち込んでしまいます。

「やればどうにかなる!」と気持ちを前向きにしてスタートしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました