ヤキモチは自信のなさの表われ?嫉妬しがちな人の特徴

マインド

相手は悪くないのに、ついヤキモチをやいてケンカになってしまう

ヤキモチでイライラして、素っ気ない態度をとってしまう・・

このようにヤキモチを妬いてしまっている人は、客観的に自分を見つめなおしてみましょう。

ヤキモチを妬いている間は、嫉妬している自分と、嫉妬の相手しか見えなくなるものです。

どうしてヤキモチを妬くの?どうしたらつらくなくなるの?と考え直してみると、苦しさから解放されるはず。

ということで、今回はヤキモチの正体を詳しく解説します。

前の記事を見ていない方は、ぜひこちらも参考にしてください。

嫉妬するのはこんな場面!嫉妬してしまう人の傾向と嫉妬しない方法

ヤキモチの意味

ヤキモチには、大きくわけて2つあります。

1つ目は、嫉妬すること。人をうらやんだり、ねたましく思う感情を指します。2つ目は、恋人が自分以外の異性と接触するのを嫌がること。

ヤキモチは、恋人や身近な人に妬いてしまうことが多いみたいですね。

ヤキモチの心理

さてここからは、ヤキモチの心理をお伝えします。当てはまるものがないか、1つずつ見ていきましょう。

独占欲が強い

ヤキモチを妬く人は、基本的に独占欲が強いです。

自分のものにしたいという気持ちが強いので、相手が自分に振り向いてくれなくなるほど嫉妬心が強くなります。友達への独占欲なら、相手が他の人と遊ぶたびに苦しくなるでしょう。

片思いの相手なら、自分が恋人じゃないという事実に胸をしめつけられることも。

相手が好き

ヤキモチを妬いてしまうのは、やはり「相手が好きだから」。

常に相手のことを考えては愛しくなったり苦しくなったり、とにかく頭は相手でいっぱいになりますよね。相手のことを考えれば考えるほど、相手にも自分のことを思って欲しいと願ってしまうのです。

しかし、「嫉妬に駆られて周りが見えていない」ことも。

相手が自分のことをどう思っているのか、ヤキモチでいっぱいの自分は周りからどう見えるのかを考えてみると、ヤキモチから抜け出せるかも。

自信がなく不安

ヤキモチを妬く人は、自分に自信がありません。

「私は顔もそんなに可愛くないし、スタイルもよくない。相手はすぐ他のカワイイ人の所にいってしまうかもしれない」という思い込みが、強い嫉妬になって現れます。

実際は、魅力があっても「どうせ私はダメなんだ」と自信を持てずにいることがほとんどです。

自分に自信を持つことが、ヤキモチから抜け出す唯一の方法かもしれませんね。

参考:自信がない原因10選。自信をつけるにはどうしたら良い?

かまって欲しい

自分にかまって欲しい、振り向いて欲しい。そんな気持ちが強いと、相手にヤキモチを妬いてしまいます。

嬉しいことや悲しいことを相手に伝えたいと思うのは普通のことですが、自分の話をとにかく聞いて褒めてほしい、慰めて欲しいという思いが強いと、一方通行のヤキモチになるんです。

相手から、同じ大きさの愛情が返ってこないことで、ヤキモチは強くなってしまうでしょう。

参考:嫉妬深い人は劣等感のかたまり?つらい嫉妬から抜け出す方法

ヲタ婚
タイトルとURLをコピーしました