承認欲求が強い人の特徴は?強くなる原因&承認欲求をなくす方法

マインド

投稿にいいねがつくか気になって、ついついスマホを見ちゃう

インスタやTwitterのフォロワー数を気にして、減ると落ち込んじゃう

こんな風なお悩みを解決します。

ずばり、この悩みの原因は「承認欲求」です。

心理学者のアルフレッド・アドラーは、”幸せな人生を送るには「承認欲求は不要」”だと説いていました。

私自身、「承認欲求」を手放して生活して確信したことは、承認欲求が手放せないうちは幸せになれないということです。

他人からの評価を気にして落ち込んでいるのは、不幸以外のなにものでもありません。

ここでは、もう他人の意見を気にせず生活するための、気持ちの持ち方をお伝えしていきます。

ここでお伝えするポイントを身に付ければ、SNSでの他人の評価も気にならず、スマホをこまめにチェックしようとは思わなくなります。

さっそく見ていきましょう。

承認欲求とは

まず「承認欲求」とは、他人に認めてほしい・褒めてほしいという欲求のことです。

SNSのいいね数、フォロワー数が気になるのは、その数字が「自分が認められた証拠」だと感じるから。

SNSを使っている人なら誰しも持っている感情かもしれません。

しかし、必要以上に気にすると、SNSでの評価に自分を縛られることになります。

では、そんな評価から解放されるにはどうしたら良いのか?

ということで、承認欲求が強くなってしまう原因を探ってみましょう。

承認欲求が強くなる原因

ここでは、4つの項目にわけてご紹介します。

他人からどう思われているのか気になる

他人がどう思っているか気にしている人は、承認欲求が強くなります。

自分に自信が持てないことから、他人に良い評価をされないと不安になってしまうワケです。

人の目が気になって、自分を上手く表現できない人は、自信が持てない人がほとんど。

流行をとりあえず追いかける

こういう系統は好きじゃないけど、流行ってるから着ようかな

流行っているものを、自分の好みでなくとも身に付ける人は、承認欲求が強いです。

その理由は、流行しているものを身に付けることで、「オシャレな人だ」「トレンドを追いかけててすごいな」と思われたいからです。

例えばファッションで、自分の好きなものをつらぬく人は、「別に他人に白い目で見られてもいい!」と思っています。

一方で、好きでもないのに流行のファッションを追いかける人も。

こういう人は承認欲求が満たされていません。「流行を追いかけることで、おしゃれな人だと思われたい」と考えています。

つまり、自分の好きなものを隠してまでトレンドを追う人は、他人に認められたい欲求を持っているんです。

自分の好き嫌いをハッキリ持たない

自分の好きなものを、人前で示さない人も、承認欲求が強い人です。

「私はコレが好きなんです!」という主張をすると、当然反対の人も出てきます。

だから、自分から主張はせず、相手に合わせたり雰囲気に流されたりすることで、他人から嫌われないように振る舞います。

さて、他人の評価が気になる人=承認欲求が強い人というのが見えてきましたね。

では、承認欲求をなくすにはどうしたら良いのでしょうか。

ここからは、2つにわけて、承認欲求をなくす方法をご紹介します。

承認欲求をなくす方法

自分の価値観を持つ

承認欲求が強い人は、つい人の意見に流されてしまいがちです。そのため、他人の顔色ばかり気にして自分の意見を持たないことも。

ですから、「これが自分なんだ」という基準を持ちましょう。

基準を自分にすることで、他人に振り回されることがなくなり、幸福度がアップします。

では、自分を基準にするために、必要なステップにはどのようなものがあるでしょうか。

ということで、次でお伝えします。

自分を受け入れる

承認欲求が強いときは、自分のコンプレックスや、果ては自分の良いところすら認められないことがあります。

まずは、「コンプレックスも含めて自分なんだ」と受け入れましょう。

自分の劣等感を捨てる方法は、アドラー心理学が、人生を前向きなものに変える。の記事でお伝えしています。

いかがでしたか?承認欲求が強い人は、つい人からの評価を気にして不幸になってしまうものです。

自分を基準にして、他人に振り回されない生活を送るためにも、ぜひここでお伝えしたことを参考にしてみてくださいね。

今回は以上です。

タイトルとURLをコピーしました