劣等感に苦しむあなたへ。自分らしく生きていくためのステップ

マインド

劣等感をなくしたい

人と比べて落ち込んだりするのやめたい

今回は、劣等感から解放されたい方向けの記事です。

さっそく、詳しく見ていきましょう。

劣等感を持っている人の特徴

劣等感を持ちやすい人には、いくつかの共通点があります。

当てはまるものをチェックしてみましょう。

1.自分のことが嫌い

自分自身を嫌うと、「なんてダメなんだろう」と劣等感を抱いてしまいます。

嫌いになってしまう理由は後ほど解説しますが、自分のことが嫌いになってしまう主な原因は「自信のなさ」です。

2.周りに攻撃的

自分が好きじゃない分、相手にも攻撃的になってしまいます。

それは、相手に傷つけられる前に攻撃することで自分を守っているから。ちょっとしたことでもイライラして喧嘩してしまうなど人間関係でもめることも多いでしょう。

自分が弱い分、本心と裏返しの行動をとってしまうんです。

3.虚言が多い

つい嘘をついてしまうことが多いのも、劣等感を抱く人の特徴です。

経歴や家族、お金など、自分がマイナスだと思い込んでいることを隠そうとするので、「私の家族はみんな高学歴で~」みたいな嘘をついてしまうのです。

周りに見下されるのが怖いため、相手に釣り合うレベルでいようとするでしょう。

4.人のせいにしてしまう

仕事のミスなど自分が責められそうな時は、人のせいにして逃げようとします。

それは、普段から劣等感を抱いているので、責任を問われると「これ以上メンタルが持たない」と感じて怖くなってしまうから。

劣等感を抱く原因とは?

劣等感といっても、抱く原因は人それぞれ。

劣等感を抱く原因はどのようなものでしょうか。

1.コンプレックスがある

顔や体つきにコンプレックスがあると、劣等感を抱く原因になります。

容姿をけなされたことがあったり、友達と写真を撮ったときに顔を比べて落ち込んだりした経験はありませんか?

「人より劣っている」と感じ、距離を置いたり人前で笑えなくなってしまうことも。

2.他人と比較されてきた

親に比較されて育った結果、他人と自分を比べて落ち込むことが多いケースです。

常に比較され、「学力や習い事で成績がよくないとダメ」と刷り込まれてきた人によくある原因で、大人になってからも「劣等感」として残ることがあるんです。

自分を認めてあげられるかが重要になってきます。

3.親に否定された

親から罵られて育った場合も、劣等感を抱く原因に。

「どうせ自分は」と、罵られる前に逃げたくなってしまうのです。その結果、「バカにされたくないからチャレンジしない」など消極的な選択をしてしまうことが多くなります。

劣等感を解消する方法とは

ちょっと厳しいですが、強く根付いた劣等感は、簡単には消えません。

ですが、「自分を認めてあげる」ことで劣等感を解消することができます。

1.自分を好きになる

まずは、今の自分を好きになってください。

自分を好きになると、「もっと大切にしよう」「したいことをしよう」と価値観が大きく変化します。

自分が好きになると、自分が味方になってくれます。

2.なりたい自分を描いてみる

突然ですが、どんな自分になりたいですか?

どんな自分になるにせよ、劣等感を抱いた自分ではないはずです。理想の自分を目指すことで、今まで消極的だったことにもチャレンジできるかも。

3.気分転換のコツを身に付ける

劣等感から日々ストレスを感じてしまう人は、気分転換のコツをつかんでみては。

ストレスを上手にかわすことで、劣等感を抱いて悩む時間も少なくなり、次第に薄れていくかもしれません。

気分転換については、「メンタルが死んだときに自宅でやってみたいこと」6選でご紹介しています。

趣味をつくって楽しみを増やす

最後に、趣味に没頭する時間をつくるのもおすすめです。

いま趣味がない!という方も、無趣味に悩むあなたへ。コレを読めば3分で趣味ができますでいくつかご紹介しているので、参考にしてみてください。

途中にもご紹介しましたが、「不安を感じやすい」人には以下がおすすめです。参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました