プライドが高い人の特徴。プライドが高くなる原因も紹介

マインド

プライドが高い人って、なんかとっつきにくい

プライドが高い人と上手く付き合う方法が知りたい!

プライドが高いと、どうしても「偉そう、感じ悪い」などマイナスな印象を持たれがちです。

プライドが高い人の特徴をつかむことで、良好な人間関係をキープすることができます。

ということで、今回は、プライドが高い人の特徴をまとめました。参考にしていただければと思います。

プライドが高い人の特徴

さっそく、プライドが高い人の共通点を探っていきます。

プライドが高い人と上手に付き合うために、特徴をおさえておきましょう。

1.上から目線

自分はすごく価値のある人間だという意識が強いので、周囲の人を見下すことがあります。こういう人がグループのトップになったら、誰も逆らうことができないでしょう。

また、上から目線の人は「口だけ」の人が多いです。命令する割に、自分では動きません。

2.実は自信がない

プライドだけが成長している人は、実は自信がありません。自信のなさを隠そうとして高圧的な態度を取ったり、他人を見下そうとします。

参考:「魅力的な自分になれる」自信を持つのはカンタンです。

3.否定されたくない

誰もが自分を否定されるのは嫌なことです。しかし、プライドが高い人は、自分の意見を否定されるとキレてしまうことがあります。

自分を否定されることに慣れていないからです。常に自分が正しいと思いたい一面もあります。

4.相手に価値観を押し付ける

自分が正しいと思っていることから、自分の意見を相手に押し付けてしまうことがあります。

相手の立場にたって考えることが苦手で、自分に従えばいいと思ってしまうこともあるでしょう。

5.完璧主義

プライドが高い人は、なんでも完璧にしないと気が済みません。

自分の仕事ぶりが完璧でないと、プライドを保つことができないからです。目標に向かって人一倍努力するため、信頼を得やすいのも特徴です。

しかし、完璧を追い求めるあまり、チームの輪を乱してしまうかもしれません。

6.なんでも自己完結する

プライドが高い人は、誰かに相談したり、頼みごとをしたりするのが苦手です。

プライドが高い人にとって相談するという行動は、自分の弱さをさらけだす事になるからです。弱さを見せるのは、プライドが許してくれません。

結果。悩んだ時や行きづまった時には、誰にも相談せず解決してしまうでしょう。

7.隠し事が多い

人から良く見られたい一心で、隠し事が多くなることがあります。自分のイメージが崩れるのを恐れて、自分の情けないエピソードや失敗を隠し通そうとするでしょう。

小さな失敗ならいいですが、グループ一丸となって取り組む仕事では、失敗を隠すことでチームの輪を乱すかもしれません。

8.失敗をしない

先ほどは、失敗を隠す人をご紹介しましたが、こちらは「失敗したことが無い人」です。

失敗をした経験が少ないと、自分はすごい人間だという自意識が育ってしまいます。その結果、プライドが高く自意識過剰な大人になります。

昔からなんでもできるタイプの人は、プライドが高くなるようです。

9.頑固である

プライドが高い人は、自分の意見が絶対に正しいと思うことがあります。

相手に指摘されても、自分の意見・考えを曲げないでしょう。そのため、意見が合わない人とは口論になってしまうことも多いのが特徴です。

10.攻撃的になってしまう

プライドが高くて攻撃的な人は、相手に感情をむき出しにしてしまうことも。

仕事でのダメ出しや、自分の気に入らないことに文句を言って、ストレスを発散する傾向があります。言葉にトゲがあり、人を傷つけてしまうこともあります。

参考:もう気まずくない!職場の人間関係を改善する方法。

11.周囲を敵にまわす

自分の評価を上げてくれる人間以外は、全員自分の敵だという意識を持っています。自分の評価をあげてくれない人間とは、ギスギスした関係になることも多いようです。

そのため、自分を褒めてくれる人間を周りに置いて満足します。

参考:劣等感に苦しむあなたへ。自分らしく生きていくためのステップ

12.学歴や地位にこだわる

プライドが高い人は、自分の学歴や地位だけでなく、相手の学歴や地位も気にします。

その理由は、自分より優秀な人と一緒にいると自分のプライドが傷つくからです。そのため、自分より地位が低い人と行動するのを好みます。

逆に、自分より学歴が低い人をバカにして、自分より上・自分と同じくらいの学歴の人に愛想よくすることも。

13.ブランド物にこだわる

自分の見栄えをよくするため、身に付けるものは高価なものを好みます。

また、自分が身に付けるだけでなく、相手にも同じレベルを求めます。

「好きでもないけどブランド物を身に付けたい!」と思う方は要注意。自信が無いのでブランド物など見栄えが良いものを選んで着飾ろうとする心理が隠れています。

14.自分のことしか考えていない

プライドが高い人は、自分のことしか考えていません。だから、自分を客観視することができないのです。

そのため、自分は優秀だという意識を強く持ち続けます。

本当に実力があるなら良いのですが、実力が伴わない場合、傲慢な人間になってしまうでしょう。

15.冗談が通じない

プライドが邪魔をして、他愛もない話をするのが苦手なこともあります。なんでも真面目に捉えてしまって、和やかな場の雰囲気を壊してしまうかもしれません。

この場合は、無意識のうちに「孤高の一匹オオカミ」になりたいorなっている事が多いです。

17.いじられるのが苦手

プライドが高い人は、他人にいじられるのを嫌います。いじられるということは、自分の尊厳をボロボロにされてしまうからです。その際も、怒って場の空気を悪くしてしまうでしょう。

ちなみにですが、プライドの高さを改善する方法はこちらで詳しく解説してます。

プライドの高さを直す方法7つ【プライドとうまく付き合おう】

そのプライド、育った家庭環境が原因かも

親に褒められない・認められないまま育った子供は、どうにかして自分の価値を親に証明しようとします。

その証明が、他人より上に立つことです。

小さいころ、こんな傾向ありませんでしたか?これも、プライドの高さにつながるものです。

テストでいい点数を取って、親に見せる

運動会で1位を取る

絵のコンクールで入賞する

模試でいい成績をおさめる

・・などなど、

自分は価値がある、と証明するクセがつくのです。

子どもの頃から自分の価値を示さないと生きていけなかった人は、大人になってからも自分の価値を証明し続けます。

結果、「相手の上に立たないと意味がない!」という気持ちが強くなります。

人間関係の壁を作ってしまうかも(まとめ)

プライドが高い人は、自尊心を保つために人間関係の幅が狭くなってしまいます。

良好な人間関係を構築するには、自然とプライドがどうでもよくなるまでチャレンジと失敗を繰り返すのが有効です。

繰り返しになりますが、改善策もあるのでこちらを参考にしてください。

プライドの高さを直す方法7つ【プライドとうまく付き合おう】

タイトルとURLをコピーしました