人間関係リセット症候群とは?なりやすい人の特徴を徹底解説。

マインド

SNSで、24時間、遠くの人ともつながることが可能になった現代。

常に人の反応を気にして、緊張状態にある人も多いのです。

そんな現代だからこそ、「もう関係を絶ちたい、疲れた」と思って人間関係を突然リセットしてしまうのが、「人間関係リセット症候群」なのです。

いくら人間関係に疲れたといっても、突然すべてリセットする人は少ないのです。

では、どのような人が「人間関係リセット症候群」におちいってしまうのか、心理を探っていきます。

あくまで現代で使われているというだけで、正式な病名ではないのですが、自分の行動に名前があることで安心できる方もいると思います。

自分ももしかしたら・・と思う方は参考にしてみてください。

人間関係リセット症候群の人の行動

まずは、人間関係リセット症候群の具体的な行動をご紹介します。

・連絡先をブロック・消去

・電話番号を変える

・音信不通になる

・行き先を告げず引っ越す

こういう行動に出ることが多いです。実際、この行動に憧れることもあるかと思います。

「いっそ関係を全部なくせたらラクなのにな」と思ってしまう人は、人間関係リセット症候群になりやすい人かもしれません。

ここからは、人間関係リセット症候群になりやすい人の特徴をお伝えします。

人間関係リセット症候群になりやすい人の特徴

さて、さっそく「人間関係リセット症候群」になりやすい人の特徴・傾向を見ていきましょう。

空気を読み過ぎる

空気を読み過ぎて気を遣う人は、人間関係にストレスを感じやすいです。

そのため、気遣いによるストレスで爆発し、人間関係を切ってしまいたくなることが多いのですね。

空気を読む人は、周りの人を優先するクセがあるので、自分の主張も大切にしてください。

周りの目を気にしている

いつもどう思われているか気にする人も、人間関係を切りたくなります。

その理由は、他人との関係が恐怖の対象だから。「あの人は私を嫌っていないか」「イメチェンしたらからかわれるんじゃないか」と常に周りの反応を気にしています。

とにかく周囲の反応が怖いので、傷つきたくなくて人間関係をリセットしてしまうかも。

1人になるのが怖い

意外と、1人になるのが怖い人も人間関係を切りたくなります。

1人になりたくないと思うのは、他人との関係があるからです。いっそのこと無くしてしまえば、孤独や輪に入れない悩みもなくなりますからね。

人間関係に悩むのをやめて、どこか遠くに行きたいと思っていませんか?

さらに、以下のような人も当てはまります。

自信が無い

自分に自信が持てない人は、人間関係の悩みが多くなります。

人付き合いでも対等に接するのが苦手かもしれませんね。自分は周りより劣っている気がしてしまって、人間関係に大きなストレスを抱えてしまうのです。

いかがでしたか?人間関係に限りませんが、やはりストレスを溜めるのは心にも体にも毒。

SNSのチェックしすぎ、人と一緒にいすぎがストレスになっている可能性があるので、1人でリラックスできる時間をつくるようにすると良いでしょう。

人間関係リセット症候群の対処法

突然、人間関係をリセットしたくなったら。

個人的には、リセットしてしまうのもアリだと思っています。

というのも、一緒にいるのが苦痛な人と一緒にいる必要はないからなんです。関わって疲れるくらいなら、1人になって悩みから解放された方が健康にも良い。

リセットするかしないか迷ってしまったら、したい方に身を任せていいです。

人間関係は、切ってしまってもすぐに新しく作ることができます。

ちなみに、こちらの本が参考になります。お時間ある方はぜひ。

タイトルとURLをコピーしました