不安や焦りを感じたら?不安の原因と解消法3つ

マインド

なんか不安で息苦しい。だんだん焦ってきた。仕事もあるのに何も手につかない。どうしよう・・

こんな悩みを解決します。

✔本記事の内容

・不安、焦りの原因がわかる

・不安と焦りの解消法がわかる

さっそく見ていきましょう。

不安と焦りの原因

不安や焦りは、大きくいって以下の事が原因です。

✔不安・焦りの原因

・自己嫌悪

・仕事の締め切りが近い

・最悪の事態を想定しがち

1つずつ見ていきましょう。

自己嫌悪で不安

人と自分を比べて落ち込むことがある人は、自己嫌悪におちいります。

自分は何もできないのに、周りはバリバリ仕事を進める・・。みたいな。

周りに置いていかれるんじゃないかと、漠然と不安になってしまうのです。

仕事の締め切りが近い

大事なプレゼンや締め切りが迫ってくると、考えて緊張してしまうことがあります。

この不安は、失敗したくないプレッシャーのほかに、「自分をよく見せたい」という欲求が隠れています。かっこわるいところは見せたくないものですから、当然ではあります。

最悪の事態を想定しがち

いつも不安になりやすい人は、最悪の事態を想定することが多いです。

こういった不安から、焦って空回りしてしまうこともあるでしょう。

漠然とした不安を抱えてしまう人は、漠然とした部分をハッキリさせれば焦ることもなくなります。

というわけでここからは、不安と焦りを解消する方法を見ていきましょう。

不安と焦りを解消する方法

漠然とした不安と、そこから出る焦りを解決する方法は3つです。

✔不安と焦りを解消する方法

・やるべきことを書きだす

・とりあえず行動する

・一晩寝る

簡単すぎましたかね?一個ずつ見ていきましょう。

やるべきことを書きだす

漠然とした不安や焦りを感じるのは、「何をすべきか見えていないから」です。

どうしたら不安な要素を取り除けるのか、具体的な行動を書き出してみましょう。

仕事なら、なるべく早いペースで進めるとか、心配なことは全部調べておくとかで良いんです。

とりあえず行動する

何をすべきかリストアップしたら、さっそく行動に移してみましょう。先ほども書いたように、不安要素はスマホで調べるとか、プレゼンの練習を増やすとか、小さなことでも大丈夫。

行動している間は、不安について考える時間がなくなります。むしろ成長できて好都合ですね。

一晩寝る

悩んでも解決しない日は、思い切って寝てしまいましょう。(笑)

寝不足の頭でアレコレ考えるより、ぐっすり寝てスッキリした頭で行動したほうがいいかもしれません。

また、寝不足は脳機能の低下や情緒不安定の原因になるという研究結果もでています。時間に余裕があるなら、ぐっすり眠る時間を作るのが良いですよ。

不安に囚われる時間を減らそう

✔不安を解消する方法

・不安の原因をハッキリさせる

・原因がわかったら行動する

・どうしてもダメなら寝る


タイトルとURLをコピーしました