人見知りを克服できるたった4つの方法。

マインド

初対面の人と緊張してうまく話せない。うまくいかないから、その後も仲良くなれない・・。最初から嫌われるのは嫌だ。

第一印象をよくして、人と上手にコミュニケーションを取れるようになりたい!!

慣れない環境では、どんな人でも緊張してしまうもの。人見知りの方は、人一倍コミュニケーションでの悩みを抱えています。

私自身、小さいころからの人見知りの克服を通して確信したのは、人間関係について考えすぎな人が多いということです。

人見知りをしてしまう根本的な原因はそこです。

この記事では、たった4つの方法で人見知りを克服する方法をご紹介していきますね。

ここでお伝えする4つの方法を身に付ければ、もう必要以上に人見知りに悩むことなく、初対面の人とコミュニケーションを取るのもラクになります。

これまでの人見知りの苦労から解放されることでしょう。

それでは、人見知りの克服方法を1つずつお伝えしていきます。

人見知りを克服する4ステップ

さて、人見知りを克服する方法は以下の4つです。

✔人見知りを克服する方法4つ

・心配性をやめる

・自分がされたいことをする

・相手の話を聞く

・大切なのは、無理をしないこと

心配性をやめる

最初から「嫌われる心配」をするのはやめましょう。

そもそも、人見知りの人が初対面の人を前に緊張するのは、「相手が自分をどう思うか」を気にして心配ばかりするからです。

いくらコミュニケーションを取っても、「嫌われないように」必死に取り繕っていたらなんとなく関わりづらいですよね。

「嫌われてもいいや!」くらいの気持ちで大丈夫です。

自分がされたいことをする

あなたが自分から挨拶するのは苦手なように、周りの人も自分から挨拶するのは苦手です。

つまり向こうも、相手(あなた)から挨拶してくれないかと待っているのです。

そういう人に、自分から声をかけるのが人見知り克服の第一歩。

ここで挙げた”挨拶”というのはほんの一例です。ですが、挨拶は1番チャレンジしやすいポイントですので、ぜひ実践してください。

相手の話を聞く

話題を探すのではなく、相手が話してくるのを待ちましょう。

例えば「仲の良い友人にはめちゃくちゃしゃべるタイプ」の場合、「自分がしゃべらなくちゃ」という意識を強く持っているのです。そのため、親しくない人の前でも必死に話題を探して空回りすることがあります。

相手も、「ずっとしゃべっててうるさいな・・同じテンションは疲れる」と思うようになるでしょう。

相手が話しかけてきたら、その話をよく聞くべき。

話を聞いてくれる人だと思ってもらえたら、親しくなるのに時間はかかりません。

大切なのは、無理をしないこと

人見知りを克服したいという人の中には、1人で孤立したくない思いが強い人もいます。

なるべく多くの人と話せるようにして、周囲から浮くのを避けたいという気持ちもあるでしょう。

しかし、必ずしも友人・知人が多ければいいというワケでもありません

参考:友達が多くないとダメ?友達の数で悩んでしまうあなたへ

自分に合った方法で克服しよう(まとめ)

実際、私も人見知りを克服するまでは、常に一緒にいる、いわゆる「いつメン」というのはできませんでした。でも、孤独は感じなくなりました。

周りが自分を見ているという意識を持たなくなったからです。

こちらが相手を知らないように、相手も自分のことは知らないですよね。知らない人に突然声をかけてくる人なんてそういません。

参考:孤独を感じやすい人の特徴16選。気持ちを軽くする方法も解説

この当たり前を受け入れるだけで、グッと気持ちは軽くなります。抱えていた不安もなくなりますよ。

ジョブスプリング

最後にもう一度お伝えします。

大切なのは、人間関係を良くしようとして無理をしないことです。

せっかく人見知りを克服しようとしても、空回りして、人間関係がストレスになってしまうこともあります。

人見知りを克服するには、自分がしてほしいことをするのが1番です。挨拶とか、できるところからチャレンジしてみましょう。

何度か繰り返して、不安や心配を忘れられれば、人見知りを克服できるでしょう

タイトルとURLをコピーしました