PCを買った後、すぐ買わずに後悔した周辺機器3選【大学生向け】

雑記

PCは購入したけど、大学生活って他に必要なものある?

ということで、私が大学生活で買ってよかったものと、買わずに本当に後悔したものをまとめた。

これから大学生になる人も、学生生活真っ最中の方も、1日でも早く気づいて便利でラクになってほしい。

ちなみに、私が使っているPCはSurfaceシリーズ。

キーボードを外してタブレットにもなるので、動画をみたりイラストを描いたりするのにも愛用している。

大学生必見!早めに買うべきPC周辺機器

プリンター

コンビニや大学でも印刷できるが、自宅にあると最強。
PCやスマホから直接プリントできるし、教材や過去問のコピーもできる。
画像のプリンターなら、3000枚印刷してもインク交換無しレベルの大容量。

マイク付きイヤホン(ヘッドセット)

オンライン授業には必須!さらに実家暮らしの人推奨。
画像のイヤホンは、周囲の雑音をカットする機能搭載。あなたの声をクリアに届けてくれるので、ZoomやGoogleMeetを使う学生向き。
ワイヤレスなので、カメラオフなら授業中に立ち歩いても特に問題無し。(自己責任でやってください!)

容量の多いUSB

PCはいつ壊れるかわからないので、書きかけのレポートや提出物はUSBへのコピーがおすすめ。
最悪修理に出すことになっても、USBに入っていれば代理PCで作業を続けられる。
うっかりファイルを消しちゃった!なんて時にも安心できるので、保険をかけておきましょう。
正直Wordの文章だけなら4年間8GBでもいける。パワポとか画像ファイルとか入れておきたいなら、8GBより多いUSBを推奨します。

とにかくこの3つだ。

今このサイトを見たけどまだ買っていない、という人は、

後述のメリットを参考にして、必要そうなら購入をおすすめする。

1位 プリンター

なんで入学した時に買わなかったのかわからない。

講義で使う資料をアップロードしたから印刷して持ってきて、とか

プレゼンの資料(配布分)を、全員分印刷して持ってきてなどとにかく印刷物が多かった。

学部や、ペーパーレス化している学校なんかはわからないが、印刷と大学生活は切っても切れない。

学校にコピー機もあるし、そこを使えばいいでしょと思う人もいるかもしれない。

けれど、講義の合間を縫ってコピー機に並び、貴重な休憩を印刷につぶすのは正直やっていられない。

印刷できても、持ち帰ってから1ページ足りないとか誤字を見つけた!なんてハプニングもある。家で印刷できるのは革命だとすら思える。

大学4年間使うことを考えると、早く買って損はない。

もちろんお金はかかる。

前述の苦労を取るか、コピー機を1台買って利便性を手に入れるかだ。

2位 マイク付きワイヤレスイヤホン

zoomでのミーティングや講義があるなら、1つあったほうがいい。

私がマイクつきにしてよかったと思うのは、「自分の声だけを拾ってくれる」こと。

少し性能がいいものを買えば、聞き逃しやこちらの声が聞こえにくいなどストレスになるやりとりを避けることができる。

PCにももちろんマイク機能はついているが、PCは周りの雑音も拾ってしまう。

私は実家暮らしだったので、洗濯機の音、家族の声、テレビの音など騒音の元が多くてとてもじゃないが講義どころではなかった。

また、ワイヤレスのメリットは「移動できること」だ。

カメラオフで出席できるものなら、寝転がって参加したこともある。

せっかく自宅にいるなら、と思ってしまうタイプだったのでワイヤレスイヤホンで聞きながらいろいろできるのがありがたかった。

3位 容量の多いUSB

最低8GBのUSBがいいと個人的に思っている。

まず、PCにあるデータはいつ消えてしまってもおかしくない。今書きかけのレポートも、数秒後にデータが破損する恐れがある。

書いたレポート、作った資料はこまめにUSBにコピーしておくと安心だ。

(なぜか「自分のPCは大丈夫!」と思っている人ほど破損して追い込まれているイメージがある)

最悪PCが壊れて修理することになっても、USBにあれば代理のPCを使って作業の続きもできる。

自分で作ったものは、機械と違って替えがきかない。

最初に「容量が多い」と付けましたが、これは念のためだ。

4年間使うことを考えて、多いに越したことはない。

テキストだけのレポートなら大して容量を圧迫しないが、画像をはさむ資料はどうしても容量が大きくなる。

また、グループ発表のある講義では複数人で1つの資料をつくることも。

分担したものを1つのPCにまとめる時、USBに入れておくと便利だ。

LINEなどネット上でも共有できるが、Wi-Fiがつながらない場所で使えないとか送信に時間がかかるなど回線に左右されてしまう。

USBが確実といえる。

PC周辺機器で、効率よく作業しよう

ここで紹介した3つは、早めに買うに越したことがないと思っている。

プリンター

コンビニや大学でも印刷できるが、自宅にあると最強。
PCやスマホから直接プリントできるし、教材や過去問のコピーもできる。
画像のプリンターなら、3000枚印刷してもインク交換無しレベルの大容量。

マイク付きイヤホン(ヘッドセット)

オンライン授業には必須!さらに実家暮らしの人推奨。
画像のイヤホンは、周囲の雑音をカットする機能搭載。あなたの声をクリアに届けてくれるので、ZoomやGoogleMeetを使う学生向き。
ワイヤレスなので、カメラオフなら授業中に立ち歩いても特に問題無し。(自己責任でやってください!)

容量の多いUSB

PCはいつ壊れるかわからないので、書きかけのレポートや提出物はUSBへのコピーがおすすめ。
最悪修理に出すことになっても、USBに入っていれば代理PCで作業を続けられる。
うっかりファイルを消しちゃった!なんて時にも安心できるので、保険をかけておきましょう。
正直Wordの文章だけなら4年間8GBでもいける。パワポとか画像ファイルとか入れておきたいなら、8GBより多いUSBを推奨します。

自分のように、あの不便な時間を取り返したい、と後悔する人が減ることを願う。