焦りや不安を乗り越えるための方法と思考法

性格分析

漠然と焦りがある、何かはわからないが、夜不安になって眠れない。

事実として、人間は夜になるとネガティブ思考になりやすいそうだ。

不安になってしまうのは仕方ないとして、以下のことを心にとどめてほしい。

  • 原因を言葉にする
  • 心配事の9割は起こらない
  • 他人の期待に応えなくていい
  • 失敗していないから不安
  • 寝る

それでも何かに焦っているし、つらくて泣きだしたくなる。

だから、気持ちが沈みきらない午前中に、不安としっかり向き合ってみた。

不安と焦りを解消する方法

実態をつかめないから“不安”なのだ。

だから不安を解消したいなら、以下の2つの行動を取るといい。

  • 原因をつきとめて、解消に向かって行動する
  • 没頭できることを見つけて気をそらす

これとセットで、以下の考え方も覚えておいて欲しい。

心配事の9割は起こらない

ペンシルバニア大学の研究で、心配事の79パーセントは起こらず、残りの21パーセントのうち、16パーセントの出来事は、事前に準備をしていれば対処が可能だとわかっている。

つまり、心配事が現実化するのはたった5パーセント程度なのだ。

他人の期待には応えなくていい

誰かをがっかりさせまいと頑張るのは今日でやめよう。

仮に期待に応えても、いつかどこかで期待から外れる行動をとってしまう。

そもそもあなたは、他人のために生きているわけではない。

だから、周囲と上手くいかなかったら自分を責めず、「ただ合わなかっただけだな」と新たな人間関係に目を向ければいい。

失敗を繰り返すと不安はなくなる

「経験も少ないし、不安になるのは当然!」と理解した上で行動に移そう。

例えば部活でもバイトでも仕事でも、初めてのことに取り組むのは誰だって不安になる。

けれどそれは、失敗(行動)を繰り返すと解消される。

仕事なら、やり方を覚えて自分の力で成し遂げられるようになれば怯えない。

睡眠を優先する

どうしたってダメな時は、考えるのをやめて寝てしまおう。

ネガティブに考えてしまう時は、食事や睡眠など身体を大事にできていないことが多いからだ。

例えば試験前に「これだけ勉強したのに不合格だったらどうしよう」と考えだしたら、その日は早めに寝るといい。

不安になっても実力は変わらないし、むしろ睡眠を取った方が記憶も整理される。

不安に囚われる時間を減らそう

✔不安を解消する方法

  • 不安の原因をハッキリさせる
  • 原因がわかったら行動する
  • どうしてもダメなら寝る

心配ごとの9割は起きない。しかも16%は対策できる。

その16%が、行動することだ。

不安になったら、これを思い出して欲しい。

また、ネガティブになってしまう時は自分をいたわろう。早めに寝て、美味しいものを食べてちょっと散歩しよう。